ノベルティグッズ制作で失敗しないためのコツや基本を分かりやすく解説

このサイトではノベルティのグッズ制作で失敗しないためのコツや基本を分かりやすく解説しています。
初めてのグッズ制作に取り掛かろうと考えているなら、ぜひ参考にしてください。
アイテム制作で気をつけるべき注意点も説明しています。
注意点を知ることで、より成功の確率を高めることが可能です。
グッズは宣伝目的に応じて制作することが大切になります。
目的に合った品物を適切にターゲット層へと届けることがポイントです。

ノベルティグッズ制作で失敗しないためのコツや基本を分かりやすく解説

初めてのノベルティグッズ制作のため、基本から押さえておきたいという人は多いのではないでしょうか。
ノベルティグッズで失敗しないためには、ターゲットに喜ばれる品物を選ぶことが大切です。
さらに配布するタイミングも、品物と調和させることが重要になります。
時期がグッズと合っていなかったら、思うような広告宣伝効果が現れないことも考えられます。
せっかくノベルティを作るなら、時期と内容をターゲット目線で考えるのが大事です。

ノベルティグッズ制作の成功例と失敗例

ノベルティ制作では成功と失敗が大きく分かれます。
失敗例として比較的多いのが、新製品のイメージを壊すようなグッズ選びです。
例えば、コンタクトレンズの新製品が出たので、そのノベルティとしてクリアファイルを配布したとします。
そこまでは良かったのですが、中身が透けない不透明な素材でできたクリアファイルでは、クリアな視界を売りにしているコンタクトレンズのイメージがぶち壊しになってしまいます。
透明タイプのクリアファイルなら失敗はしなかったのでしょうが、その点は配慮が足りなかったと言わざるを得ません。
コンタクトレンズのノベルティでの成功例としては、コンパクトミラーや携帯用ハンドジェルなどが挙げられます。
コンパクトミラーは使う度に新製品のロゴが目に入りますし、外出時のアイメイクのチェックができます。
携帯用ハンドジェルは常に手を清潔に保つことができ、衛生用品であるコンタクトレンズのイメージを良くします。
両方とも良いイメージでコンタクトレンズに紐付けができるため、購入者を一定数確保できるでしょう。
せっかく予算やエネルギーを使って制作したのに「失敗しました」ではどうしようもありません。
対象者を絞るだけでなく、新製品のイメージも大事にして選んでください。

ノベルティ制作の手順や重要性とは?

ノベルティは企業や商品の宣伝戦略に重要なものです。
無理配布する品物に企業や商品の名前を印字し、多くの人が目にすることで認知度を上げていく効果があります。
消費者がノベルティに求めていることは、実用性があるもの、日常使いが出来るもの、オシャレであることなどです。
こうしたノベルティを制作するにあたっての手順としては、まずはそのアイテムを決定させます。
そして制作会社に希望を伝えて見積もりを取ります。
それを踏まえて、企業側と制作会社で打ち合わせを行い、細かな部分まで決定させたら作成に入りますが、この際にサンプルを作って確認作業することで、その後のトラブルなどが回避できます。
出来上がると納品され、いよいよ配布になります。
ノベルティはその企業の好感度にも直結しやすいので、選ぶアイテム、デザインはしっかりと考えて制作することが大切です。
配る予定のターゲット層や、配布場所、配り方などもあらかじめ吟味しておくことが必要です。

ノベルティグッズの制作を外注するときのポイント

ノベルティグッズの制作を外注、つまりどこかの業者を選定して注文するときのポイントですが、これはかなり大事なことです。
おそらくほとんどのケースで、ノベルティはどこかのお店に注文して作ることになるはずで、まさか自分たち自身で作っているということはほぼないと考えられます。
外部に依頼する場合、気になるのは価格と納期それに品質レベルになります。
これらの点で信頼できるお店を確実に選ぶことができるかが大事になってくるわけです。
既に依頼したことのあるお店の場合、いずれの点も十分によく分かっているかもしれませんが、初めての場合には全く分からず、きっと大丈夫だろうというような思い込みで発注しなければならないこともあり、結果的に失敗することもあったりします。
その場合に大けがをしないよう、いきなり大量発注を行うのではなくコスト的には多少割高になったとしても、まずは小ロットからの注文にして様子を見るということが考えられます。

販売戦略が異なるノベルティグッズと記念品

ノベルティグッズと記念品とでは、企業の販売戦略が異なり、異なる目的で利用されるということができます。
ノベルティとは認知度アップを目指して作られる、比較的安価なちょっとした品物であり、あまり対象を限定することなく広く一般に配布されることが多いです。
お店に行くだけでもらえるものや、それこそ道を歩いているだけでもらえるものはほぼこのタイプに該当します。
これに対して記念品とは、いろいろな意味合いで使われることがあるものの、普通はそこまで安価な品物ではなく、また対象を限定して特別な人だけに渡すことが普通です。
目的は決して認知度アップではなくて、既に自社の顧客であって高額の商品を購入してくれたや数多く購入したなど、特に大事な顧客に対してさらにコアなファンになってもらうことを意図している場合が多いでしょう。
道を歩いているだけで手に入るはずがなく、優良顧客になって初めて頂けるわけです。
このように販売戦略が大きく異なります。

筆者:日浦雅樹

筆者プロフィール

福岡県行橋市生まれ。
多くの人が知りたいノベルティグッズ制作についての情報を発信しています。
ノベルティ ギフト